フィジー留学プログラム

TOEICコース(オプション)



TOEIC 高得点取得=仕事でフルに活用できるとは限らない?

最近の就職・転職活動ではTOEIC600 ~ 800 点を既に取得しているという方も珍しくなくなってきました。又、大学在学中に取得した TOEIC のスコアを 単位認定する大学も数多くあります。
  しかし企業側からは、『履歴書では TOEIC750 点と書いてあったから、 英語をある程度使う業務の人員として採用したのに、実践で使う英語が話せないので困っている 』という声をよく耳にします。

フィジーで TOEIC を受けるメリットは?

1:英会話力 +TOEIC スコア向上の両立を目指す
 
  2004 年の設立以来、急速に英語を学ぶ留学先として人気が高まってきたフィジー。人気の理由はいくつかありますが、そのうちのひとつが「実践で使う英会話力が伸びる」というものです。フィジーは街を歩いていても地元のフレンドリーな人々と気さくに話をすることができるので、英会話力がアップします。

このようにフィジーでは英会話力が日常生活の中で上がりやすく、更に語学学校で TOEIC の集中コースを受けることで、実践の英会話+ TOEIC スコアの両方をあげることができます。よって、帰国後、就職・転職活動に有利なだけでなく、実際の仕事の中で自信をもって英語を使うことができます。


 ※本校はTOEICの公式テストセンターとなります。

2:留学の成果をTOEICテストで証明

 更に定期的に行われるTOEIC公開テストを現地で受験し、留学の成果をTOEICスコアで証明することができます。

授業風景

 

■コース詳細

授業概要

TOEIC 実践問題集をテキストとして主に使用し、「問題」⇒「ポイント解説」の繰り返しで、語彙力/文法力/読解力/リスニング力を高めます。ポイント解説では、 TOEIC の問題特性や攻略法を伝授します。

※本コースは 8:00 ~ 14:30 までの一般英語コースを受講される方が対象で、本コース単独の受講はできません。

授業料

1 週間 8,500 円  (月~金のみ 土日は休講)

受講可能期間

< 2014年度 >
2014/5/12-12/18
※ 8/22(金)のみ休講予定
※ 1週間単位で受講できます

< 2015年度 >
2015/1/13-4/23
2015/5/12-12/17
※ 8/21(金)のみ休講予定
※ 1週間単位で受講できます

入校日 ( 週単位 )

毎週月曜日

授業時間数

週 10 時間 (月~金のみ 土日は休講)

授業時間

14 : 45 ~ 17 : 00 ( 休憩時間 15:45 ~ 16:00)

最低受講可能年齢

16 歳~

入学条件

年齢のみ

入学テストの有無

なし (レベルは自己申告に基づきます)

クラス数

8クラス(ナンディ・ラウトカ各校4クラス)

レベル数 (※)

4レベル(Bridge,Elementary, Intermediate, Advance)
Bridge(入門)
Elementary(初級)
Intermediate(中級)
Advance(上級)

1 クラス最大生徒数

15 人

使用テキスト

無料レンタル

 

・受講レベル目安

上級クラス TOEIC670-990相当
中級クラス TOEIC500-669相当
初級クラス TOEIC300-499相当
入門クラス TOEIC299以下

現地でのTOEICテスト受験について

 
TOEIC 公開テスト
試験会場

Free Bird Institute 
ナンディ・ラウトカキャンパス

費用

15,000円(税込)
受験日
< 2014年度 >
2014/6/6(金)
2014/7/4(金)
2014/8/1(金)
2014/9/26(金)
2014/10/24(金)
2014/12/12(金)
※ ナンディ・ラウトカ両キャンパスで実施します。

< 2015年度 >
決定次第掲載予定です。

試験時間

16:00集合~、16:30~テスト開始予定
テスト結果
Official Score Certificate (公式認定証)
身分証明確認・顔写真付き
結果の
受領方法
1)在籍するキャンパスにてスコアレポートを受領

2)帰国後の受験者へのスコアレポート郵送 
※ テスト受験後、約1ヶ月後にETS社からスコアレポートがFBIに郵送されます。
※ 日本以外でのスコアレポートの受け取りを希望する場合(主に外国人)、原本の送付が義務付けされています。
(郵送費別途徴収予定)

必要書類

受験日にパスポート(コピー可)、パスポートサイズの写真、TOEIC公開テスト申込書

申込方法

受験日の2週間前までに、日本オフィス もしくは 現地フィジーオフィスに①申込書の提出と②テスト費用の入金が必要です。

※テスト実施日は日程変更の場合があります。