フィジー留学プログラム

「英語」の必要性とメリット

英語の必要性 ~ なぜ、今、留学か ~

近年のグローバル化、ボーダレス化により、企業における英語の必要性が高まっています。企業だけではなく、一般社会においても、英語や、外国の文化に触れることは昔に比べて、多くなってきました。

社内公用語が英語になる企業が出始めていることからも、多くの人にとってそれまではあまり意識する必要のなかった英語という存在が、非常に身近なものになってきています。

「英語」を学校で学ぶだけで終わっていた時代から、「英語」を使って何かをするという時代に着実に推移しつつあるのです。

英語習得のメリット ~ 英語力と収入の関係 ~

プレジデントファミリー2008年5月号に、「英語が喋れると、年収が高くなるのか?」という記事があり、英語という切り口で年収の違いを比較しています。この調査は、現在職に就いている人のうち、TOEIC760点以上レベルの「英語ができる人」を対象にしています。調査の結果、全国の30、40代の平均年収と比べると、男女いずれとも、英語ができるグループの平均年収のほうが、200万円程度高いことが分かりました。大卒者に限定した調査でも、同じ傾向になったようです。


英語力と年収の関係グラフ

この調査で注目したいのは、TOEICの点数別の年収差です。約1000人を対象にした小規模な調査(うち男性が6割)ながら、TOEICの点数と年収が比例している傾向がつかめます。


TOIEC点数 男性年収 女性年収
960-990点
891.3 万円
647.1 万円
900-960点未満
939.6 万円
475.4 万円
860-900点未満
930.4 万円
517.9 万円
800-860点未満
854.9 万円
494.7 万円
760-800点未満
855.6 万円
494.1 万円
760点未満
720.1 万円
439.4 万円

(プレジデントファミリー2008年5月号に、「英語が喋れると、年収が高くなるのか?」記事より)


同調査における「英語を使う仕事内容」の比較を見ると、「社内でのやりとり」で英語が使われるだけの場合でも年収がとても高いことが分かります。確かに、日本で英語が必要とされる状況を考えると、社内の打ち合わせや英語メールの作成、英語文章の読解がほとんどだと思います。お客さんへの英語プレゼンや、英語での交渉など、高度な英語力を必要とされるケースは稀だと言えます。そもそも、それほど高度な英語レベルは必要とされていない場合が多いのです。それなのに、英語が得意かどうかだけで、年収格差が開いてしまっていることが分かります。これは日本特有の現象ではないかと考えます。

 海外に旅行に出かけると、英語圏でない国の人も、比較的上手に英語を話す方が多く見受けられます。その方々に共通する点として、「躊躇することなく英語を話す」という点があります。

なぜ、英語ができると収入が上がるのか?

日本人が英語をしゃべると、言葉につまったり、「あー」とか「えー」とかと考え込んでしまうことがよくあります。日本人は文法が間違っていないかとか、この単語は正しい使われ方をしているかなど、発言する前にいろいろ考えて慎重になりすぎる傾向があります。間違いに対する恐怖心や恥ずかしさが優先して、「間違えるぐらいならなるべく発言しない」という傾向もあると思います。一方、他国の人は間違いを恐れない分、独自の強い「なまり」は直そうとしないですし、文法的な間違いにも無頓着な場合が多いと感じます。

日本人は英語に対して「慎重になりすぎる」傾向があるために、いつまでたっても英語力が全体的に向上していかないと思われます。逆にそのような傾向のおかげで、英語力が貴重な存在として扱われ、年収の格差を広げるチャンスにもなっていると思われます。様々な企業や様々な職種に英語の必要性が広がりつつあるので、しばらくの間は英語力が効果的な武器になり続けるはずです。

また、恐れずに積極的に発言する力が身についたとすると、もしかしたらそれは英語力以上に大きな利益になるかもしれません。

留学先としてのフィジー

South Pacific Free Birdは南太平洋のフィジーという国の留学を専門に扱っています。
メリットは大きく3つです。

1)英語コミュニケーション力が向上する環境

フィジーは英語が公用語で、第2外国語として英語を学んでおり、彼らは現地語と英語の2ヶ国語を話します。母国語が英語のアメリカ、イギリスなどの人は、たいてい、英語で話すスピードがとても速く、英会話初心者は到底ついていけないことが多いですが、フィジー人は、英語を学ぶ人の目線を理解しているため、平易かつゆっくりとした英語で話しかけてくれることが多いです。英会話の楽しさを感じやすい環境と言えるでしょう。

2)英語に対する「照れや恐怖心」を捨てる

また、学校ではイングリッシュオンリーポリシー(EOP)を遵守するというルールがあり、学校内で、学生が母国語を話すのは校則違反・注意となり、2回続くと退学となります。例え、日本人同士でも、恥ずかしがることなく英語を話さなければいけないというルールを守ることにより、英語力に対する恐怖や恥ずかしさから脱却してほしいという意図が込められています。上記のような「慎重になりすぎる」日本人から卒業するチャンスです。
合言葉はDon't be shy!Break your shyness!(よく学校の教師が言っている言葉です)

3)費用が欧米留学の3分の1で済む!

フィジーは物価が日本の約3分の1。生活費含め、滞在費が安価で済みます。
なお、弊社は多くの留学斡旋会社とは異なり、現地の語学学校を直営しているため、仲介マージンが発生しない分、安価です。

留学体験談




まずは、資料のご請求・お電話をお待ちしております




・ 東京オフィス 0120-559-221  > 地図を見る

・ 大阪オフィス 0120-659-221  > 地図を見る