ケア&サポート

サポート


South Pacific Free Birdはナンディ国際空港にオフィスを構えています。フィジー人スタッフをはじめ、日本人、韓国人スタッフも常駐しており、現地にて、万一の事件や事故、重病などがありましたら、すぐに対応しています。また、不定期ですがWebサイト上にてフィジーからのお知らせもご提供いたしております。


留学のご出発まで

留学を決心するまで、また決心してから出発するまでの間は、誰しも不安と希望が入り混じって落ち着かないものです。とくに、フィジーや学校についても留学したい気持ちはあるものの、学校やフィジーでうまくやっていけるだろうかという不安感がよぎります。

学校との打ち合わせ、入学手続きや煩雑なVISAの手続きなど、留学に関するすべてを担当カウンセラーと担当サポーターが常にあなたの立場になって行います。あなたが安心して留学できるように、あなたの留学が成功するようにお手伝いするのが私たちの仕事です。

留学は、人生の大きなイベント、未来に続く大切な道程です。留学によって得られる世界に通じる高い英語力も、さまざまな経験も 、そして国際人としての対応力も、すべてがあなたの未来につながります。


フィジーへご到着

ナンディ国際空港に着いたら、空港の出口を目指して下さい。出口は一つしかありません。SPFBのフィジースタッフが『Free Bird Institute』のネームプレートを持って、あなたが出てくるのを待っています。


オリエンテーション

ナンディ国際空港からパブリックバスで学校・タウンに向かいます。ここでバスの利用の仕方もオリエンテーションします。
学校にてフィジーでの生活のオリエンテーションを受けた後、ミニバス(フィジー特有の小型バス)で街中心部に向かい、「銀行」、「両替」、「郵便局」、「インターネットカフェ」、「デパート」、「映画館」、「スーパーマーケット」「市場」「おみやげマーケット」などをご案内します。時間があれば昼食も取ります。


ホームステイ/ドミトリーなどへ

ナンディ国際空港オフィスにバスで戻った後、みなさまの滞在先まで送迎いたします。滞在先に到着してからは自分の力で!留学生活のスタートです。
※復路の滞在先から空港への移動はご自身にてしていただきます。


キャンパスオリエンテーション

学校初日には、学校、レッスン、学食についての説明があります。クラス分けのためのレベルチェックテストがあり、その後新しいクラスで授業を受けます。
フィジーでの生活のことなど、わからないことや疑問に感じることが あれば語学学校FBIのコーディネーターに相談してください。 定期的に、コーディネーターが学校に訪問して、カウンセリングを行っております。フィジー自分で抱え込んで悩んだりしないで、どんな小さなことでも、その場で解決することが大切なことです。


万一の事故時

フィジー国内での万一の事故、トラブルに巻き込まれた際には、できる限りサポートしております。警察署への連絡先紹介、重病、重症時の通院同行などです。