サウスパシフィックフリーバードイズム

サウスパシフィックフリーバード ISM

語学教育ってなんでしょう?
日本でしっかり勉強しても見に付かない…
アメリカ留学しても身に付かない…
妥協してワーキングホリデーも嫌だし…
勉強のやり方?それとも環境?

South Pacific Free Birdでは、「自由な語学教育」という理念に基づき、学校以外の部分が留学生活にとっていかに大切かということに重点を置いて留学生に語学教育を提供しています。

僕は今までに50カ国もの国に行きましたが、語学を学ぶ環境として人懐っこさは本当に大切だと考えています。

語学は学問ではありません。普通の勉強とは少し違います。だったら学び方も違うはずです。語学とはその国に身を置いて肌で学ぶものではないでしょうか?

僕は自らの留学体験を通して、いかに学校以外での経験が自分の語学力を伸ばしたのか、人間としての魅力を伸ばしたかに気が付きました。留学を成功させた人たちは皆そう思うのではないでしょうか?

日本で1年間に何人の友達ができるでしょうか?友達を作ることは簡単なことかも知れませんが、なかなかできませんよね? フィジーでは何人できそうですか?

僕は初めてのフィジーで、たった1週間の滞在でしたが10年分の友達ができました。上手く言えませんが、この国の人たちにはそういう魅力があります。フィジーは国全体が学校です。

すべてのフィジーの人たちが、あなたの英語の先生です。暖かい国で温かい人たちに囲まれて英語を勉強することは、確実にあなたの語学力を伸ばし、人間としての魅力を伸ばします。帰国するときに何人があなたを見送るってくれるでしょう?何人があなたのために涙を流してくれるでしょう?たくさんいて欲しいですよね?

それが「South Pacific Free Bird Style」です。

フィジー留学が設立された経緯

South Pacific Free Birdがフィジーで語学学校を始めたのは04年5月のことです。当時、南太平洋で一番教育レベルの高いフィジーでは教育費の高騰から少子化が進んでいました。また、その影響を受けフィジーの小学校は空きの教室も目立つようになり、せっかく教師になるために教育大学を卒業しても教師のポジションがありませんでした。

SPFBはフィジー政府教育省、内務省、旅行省へ提案書を提出し、空いたまま利用されていないフィジーの小学校の教室の再利用と、フィジー政府が雇用できない教師の雇用をフィジー政府に約束し、フィジー政府から学校法人としての認可を取得、フィジーで初めての語学学校『Free Bird Institute』ナンディキャンパスを設立しました。

また、入国管理法があまり整備されていなかったフィジーで、フィジー政府と一緒に入国管理法の整備を行い、フィジー入国管理局にわずらわしい学生VISAの申請を簡略化するように求め、学生のフィジー入国後の学生VISA申請という特権も取得することができました。

語学学校FBIは06年9月にフィジーで2校目のラウトカキャンパスを開校しました。また、2008年11月 にはナンディ第2キャンパスも開校し、その後ラウトカの第2校舎まで開校し、全部で4校舎となりました。今後もフィジーの発展、また、フィジーで英語を学ぶ留学生たちの成長を第一に考え、活動の場を広げていきます。

South Pacific Free Bird Inc.
C.E.O. Hiroshi Taniguchi