英語習得により、スノーボードインストラクターの仕事の幅が広がり、現在は外国人対象のレッスンがほとんど。 将来は北海道のスキー場に外国人を呼べるような仕事がしたい。

1:プロフィール


帰国後、 英語が話せる
インストラクターの
社内資格を取得
お名前 OSAMU さん
年齢 35歳(留学時)
留学期間 フィジー8ヶ月
(2008年11月、2009年5月~12月)
英語習得の目的 英語でスノーボードを教えれるようになりたかったです
項目
留学前
留学後
英語力の
目安
英語は全くって言っていいぐらい話せなかったです。中学校で習ったbe動詞って言葉すら覚えてませんでした。 TOEIC等の英語試験は受検していないのですが社内審査で英語を喋れるインストラクターになりました(英語でレッスンしても何も差し支えない程度)。また、英語で会話をした時に「日本人ですか?」って外国人に疑われた時が何度かありました、そんなレベルです
仕事の
内容
スノーボードのインストラクターです。でも、ほとんど日本人相手でした

英語を喋れるインストラクターに認定されて、一般レッスンでは、ほとんど外国人相手になりました

仕事で
英語使用
ほとんどなかったです 時期にもよりますが、ほとんど英語で仕事をしています

Q1,フィジー留学後から、現在までの経験教えて頂けますか?

帰国後は、元々所属していたスキー場に戻りました。仕事で色々な国の人にスノーボードを教えています。例えば香港、シンガポール、オーストラリア、カナダ、インド、中国、韓国等の人達です。なので、帰国後も英語を話せる環境にあります。

Q2,英語を習得してよかったと思う点はどんな点ですか?

僕が働いているスキー場は外国人のお客様が非常に多いスキー場なので、帰国後は仕事で英語を使う機会がめちゃめちゃ増えました。またプライベートでも外国人と話す機会が増えて、色々な国の人と接するの楽しくなりました。たぶん、留学する事がなかったら絶対にない事だと思います。

Q3,留学中に体験したことの中で、現在に役立っていることはどんなことですか?

僕がお世話になったホストファミリーはとても親切で、更にとても話好きで凄く英会話の練習になりました。その結果、外国人相手に話す時でも臆する事もなくなりました。留学前は外国人に声をかけようとするだけで、凄く緊張してました。また、英会話取得には常に英語で話す事(English Only Policy)が重要だと言う事を知りましたので、いまだにフィジーで知り合った彼女と常に英語で話すようにしています。


Q4,今留学を考えている方に、フィジーをお勧めするとするとしたら、どんな点がお勧めですか?

留学先としては日本人が少ない方が良いと思われがち(僕もそう思ってました)ですが、逆に日本人が多いというメリットを活かして、分からない事を日本語で確認する事が出来ます(授業中は無理ですが)。全く英語を話せない人がいきなり英語だけで英語を理解するのは難しいと思います、やっぱり日本人の協力も必要です。

あと、フィジーに行った事ない人が心配しているフィジー英語のアクセントの問題ですが特に問題はないみたいです、フィジー留学中も帰国後も色々な国の人と接していますが、あんまり通じなくて困った事はないです。なので、僕みたいに全く英語を話せなかった人にはお勧めしたい留学先です。


Q5,今後、留学と英語習得の経験を活かしてどのようになっていきたいですか?

将来は北海道のスキー場に外国人を呼べるような仕事をしたいです。特に今まで雪なんかを見た事ない国の人達に来て貰うようにしたいです。あと、冬だけでなく夏の北海道も魅力的な観光地という事を外国に広める仕事がしたいです。

写真紹介

帰国後オーストラリアの
お客さんと
お世話になった
ホストファミリー
ヤシの実を
落としてくれた少年
最初のホストファミリー
最初のホストファミリーが
作ってくれたケーキ
トローリングで
釣れたスパニッシュマッカレ
エコパークのイグアナ
大好きなフィジーの海
エアポートオフィスにて
スタッフと