楽しい中学英文法! 復習編 Vol,1 今までの英文法を見直そう!

 

皆さーんBULA~

英文法大好きインターンスタッフRYOの登場です

この楽しい中学英文法講座を開いて今回で13回目となりました
今までVol,1~12まで紹介してきましたが、ここで今までの総復習をしていきましょう
ずっと紹介するだけでは皆さんの頭もパンクしてしまいます(笑)
数回に分けて説明していきたいと思っています。
なので、今回の機会で必ず今までの復習をして、復習を通して一回今までの内容を整理していきましょう


まず、一つ目にVol, 1 
ここではbe動詞の「現在、過去」を紹介しました
be動詞の種類は is, am, are 過去形の場合 was, wereの5種類がありましたよね?
意味として、「~です(でした)、~にいる(いた)、~にある(あった)」
の3種類がありましたよね?
例) I was in the library. (私は図書館にいた。)
     I am a student. (私は学生です。)
          This box is in the room. (この箱はその部屋にある。)

そして、ここでは2つの種類の構文を紹介しました
There is, (are)~ 「~がある、いる」
例)There is a pen in this room. (この部屋にペンがある。)

Here is (are)~ 「ここに~がある(いる)」
例)Here is a monster. (ここにモンスターがいる。)

次に、Vol, 2 
ここではbe動詞の疑問文、否定文を紹介致しました
【疑問文】
疑問文はSとVの順序が逆になりましたよね

例)Is he a monster? (彼はモンスターですか?)
  Yes, he is./ No, he is not (isn't). (はい、そうです。/ いいえ、違います。)

【否定文】
「S+is, am, are (was, were)+not」
の形ですよね?
例)He is not monster. (彼はモンスターではありません。)

さらに、疑問詞が文頭に来たbe動詞も紹介しましたよね?
例)Who is in the kicken? (キッチンに誰がいますか?)
       -My sister is in the kichen. (私の姉がキッチンに居ます。)

次に、Vol, 3
ここでは一般動詞の「現在」を紹介しました
この説明の中で皆さんが特に苦労したであろう項目が、
3人称単数でのs, es, iesのつけ方です
一般的つけ方:play-plays, live-lives
s, ch, wh,oのつけ方:watches, goes etc
「子音字+Y」:studies
【疑問文】
一般:Do+主語+動詞の原形
例)Do you like baseball? (あなたは野球が好きですか?)
  -Yes, I do./ No, I do not (don't). (はい、好きです。/いいえ、嫌いです。)

三人称単数の場合:Does+主語+動詞の原形
例)Does he like baseball? (彼は野球が好きですか?)
  -Yes, he does./ No, he does not (doesn't). (はい、好きです。/ いいえ、嫌いです。)

【否定文】
一般:do not+動詞の原形
例)I do not (don't) like soccer. (私はサッカーが嫌いです。)

3人称単数:does not+動詞の原形
例)He does not (doesn't) like soccer. (彼はサッカーが嫌いです。)

最後にVol, 4
ここでは一般動詞「過去」をお伝えしました
過去形も動詞にedをつけた形で表されます。
しかし、動詞によってつけ方が変わりましたよね

一般:wached, looked
eで動詞が終わっている場合はそのままd:lived, liked
「子音字+y」:studied, tried
「母音字+y」:stayed, played
「短母音+子音字」:planned, stopped

さらに、不規則動詞もありましたよね
(Vol, 4の不規則動詞活用表を参考に)

【疑問文】
 例)Did you play soccer? (あなたはサッカーをしましたか?)
  -Yes, I did./ No, I did not (didn't).(はい、しました。/いいえ、しませんでした。)

【否定文】
 例)I didnt (didn't) play soccer. (私はサッカーをしなかった。)

以上がVol,1~4までの復習になります
ここでしっかりと基礎を固めた状態で、次のステップに進んでいきましょう
次回はVol, 5~8を復習していきたいと思います

以上、RYOでした

MOCE

lp

 

より多くの人に、より多くの感動を

今まで海外留学を目指していたたくさんの方が高い留学費用など経済的な理由から海外への留学を諦めていました。欧米は300万円以上、ニュージランド・オーストラリアでも250万円以上と、「留学=高いもの」というのが当たり前になってしまっています。

しかし、そんな当たり前を変えるために弊社は、格安フィジー留学を提供しています。自社で語学学校を持ち、余計なコストを極力抑えることで、誰もが行ける各社留学を実現しました。