Lautoka

ラウトカ

南太平洋最大の貿易港があるフィジー第二の都市LAUTOKA ラウトカは人口6万人のシュガーシティ(砂糖の街)です。ボートで5分で行けるベカナ島、貿易・漁業の中心のラウトカワーフ、中心地にはデパートやスタジアムだけでなく大きな映画館やスーパーマーケット、レストラン街もあります。フリーバードのラウトカキャンパス、フィジー政府から運営を任された関連学校のバ・プロヴィンシャル高校があります。