Reasonable cost

圧倒的な格安留学費用

フリーバードへの英語留学の最大の特徴は、圧倒的に留学費用が抑えられることです。また、フィジーにある英語学校「Free Bird Institute」は、フリーバードの直営で日本人や中国人、韓国人のカウンセラーも常駐しているので、英語が苦手な学生や、万一の場合の対応も整備されているので、安心して留学することができます。

  留学費用

【プログラムに含まれるもの】
入学金、留学アレンジ料(30日前申込の方は、緊急アレンジ料5,000円が必要)、滞在費、食費(ホームステイのみ/平日2食、土日3回)、空港到着時送迎、テキストレンタル料

【プログラムに含まれないもの】
航空券代金、海外旅行傷害保険、国内移動費、ビザ申請料、フィジーでの生活費(交通費、食費、お小遣い)

※お客様の留学期間、内容によって料金が異なりますので、詳しくは担当までお問合せください。

Back Ground

費用が抑えられた背景

フリーバードは急激な少子化の進むフィジーで2004年にスタートしました。それまで5人も6人も子供を作っていたフィジーは教育を重んじるようになったタイミングで、少子化に転じました。深刻な少子化のため学校は一部の住宅地を除いて学校キャパシティーの半分くらいしか利用されず、空き部屋となった教室は蜘蛛の巣が張った状態でした。

フリーバードはフィジー政府との交渉の結果、それら空き教室を改修し、同じく少子化で仕事のなかった教員たちを再雇用し、英語学校をスタートさせました。また、もともと旅行者の外国人を家に招いてもてなしていた人懐っこいフィジーの人たちの家庭にホームステイをお願いすることにしたのです。

Dream

希望

フリーバードは、シャイな性格と英語への苦手意識から留学を敬遠する非英語圏の学生たちを勇気付けたいという想いと、フレンドリーでホスピタリティー溢れるのに仕事のない優しいフィジーの人たちを何とかしたいという想いで設立されました。

フィジーの街を眺める女性の後ろ姿

より多くの人たちに、より多くの感動を与えることができる暖かいフィジーの環境を利用して、日焼けして逞しくなった錯覚でも、みんな話しかけてくるから社交的になった変な誤解でも良いので、意外と私の英語も通じるという自信を付けて欲しいです。