Blog

ブログ

日付変更線が通る島。タベウニ島旅行記。

 

BULA☀
安いだけじゃない。「感動フィジー留学」インターンのMayumiです!

年末年始のホリデーを利用してFIJIのタベウニ島を訪れました。タベウニ島は日付変更線が島の中を通っていたとして有名な島です。今回はそのタベウニ島旅行記をお届けします。

まず初めに言っておきます。今回の滞在は非常に残念な滞在となりました。理由はサイクロン「SARAI」がFIJIに接近したためです。ですので何もする事ができず、ほとんどホテルで滞在する事となりました。はるばる遠い島で行ったのに・・・・。。。

まずはタベウニ島の位置と行き方について。

私の住んでいるラウトカから直線距離でおよそ300Km東に位置しておりフィジーで3番目に大きな島です。ラウトカからはバス+船or飛行機で行く事ができます。まずはバスでラウトカから首都のスバまで約5時間。スバから船でサブサブという街を経由し約16時間の船旅。バスと船を合わせてトータル21時間の長旅です。飛行機だとナンディ空港からタベウニまでわずか1時間30分。飛行機の方が圧倒的に早く便利。ではあるがやはり値段は船に比べ各段に高いです。バスの運賃はラウトカからスバまで18ドル(900円)、船はスバからタベウニ島までは67ドル(3350円)、飛行機はもちろん日によって変更しますがタベウニ島~ナンディまで今回は250ドル(12500円)でした。

まず往路はバス+船の方法を選択しました。タベウニ島まで約16時間過ごす船がこれです。もう外観からして快適に過ごせる期待はできません。しかも乗船口が車や荷物が搬入される所という、日本ではなかなか有り得ない所から乗船します。

船の中はこんな感じです。デッキも特にこれと言って何もありません。FIJIの大海原が一望できるくらいですね

スバをPM6時に出航しタベウニ島に翌日の朝10時到着。なので一夜を船の中で過ごす事になりますが、もちろん日本のフェリーのように広々快適な寝るスペースなどありません。皆、床に適当にシーツ等を敷いて寝ます。もちろん床はかたいし寝心地は最悪です。自分は床面に絨毯っぽいものがあるエリアで横になっていましたがメチャクチャ痒くて寝れませんでした。ですのでイスに座ってましたが熟睡することなど、もちろん出来ずに最悪の朝を迎えました。  タベウニ島に到着した日はサイクロンの影響も無く、とても快晴で穏やかな天候でした。ホテルのプールもこのように非常にキレイです。この時はサイクロンが接近している事など全く知りませんでした。またこの日は12月24日。そうクリスマスイヴです。ですので夕方には地元の人達がホテルで歌を歌ってくれました。やはり日本人の私からすると暑いクリスマスはとても違和感がありますね。

タベウニ島で一番有名な観光スポットは日付変更線です。この日付変更線の看板の前で写真を撮る事がここタベウニ島観光の定番です。この何もない広々としたグランド?の中にポツンと看板は設置されています。とてもこんな所に有名な観光スポットがあるとは思えません。

これが日付変更線の看板です。この看板の真ん中の隙間に日付変更線が通っていました。写真左側が今日、右側が昨日になります。なんとも不思議であり、1度に昨日・今日を味わう貴重な体験をする事ができます。こんな体験が出来るのもタベウニ島ならではこそです。ただ注意してほしいのは、現在は日付変更線の位置がもっと東にあり現在は日付変更線として機能はしていません。ですので実際は看板の左右で日付がかわる事はありません。もしそんな事になっていたら、とても生活しづらいですね。 

皆さんはフィジーの国花をご存じですか?「タンギモウジア」という花です。幻の名花と言われ世界中でタベウニ島の山奥にある「タンギモウジア湖」のほとりにしか咲かないと言われている希少な花です。私は花を見るためだけに山奥まで3時間歩くという行動力はありませんので、今回の島訪問でタンギモウジアを見る予定は無かったのですがホテルの他の宿泊客が持っていたので見せてもらいました。(希少な花なのに持って来ても大丈夫なの?とは思いましたが・・)

写真がショボいので美しさは伝わりませんが・・・。。

その後はサイクロンが接近し普段はキレイなはずの景色がこんな感じに・・・空は暗い雲で覆われて海も暗く風が吹き大荒れ。自分が乗る予定であった飛行機がキャンセルとなり2日延泊する事となりました。本来であれば色々な名所を巡りたかったのですがサイクロンの影響で外出する事が出来ず、ホテルでただサイクロンが過ぎ去るのを待つだけの旅行となりました

ようやくサイクロンも過ぎ去り飛行機が飛べる事になったので空港へ向かいました。タベウニ島の空港は非常に小さいです。そしてビックリなのが保安検査所も手荷物検査もありません。その気になればハイジャックなんか簡単に出来そうです。

そして飛行機も小型です。コックピットも丸見えです。一番前の席であれば操縦しているシーンを見学する事が出来たのですが残念ながら自分は一番後ろの席でした。

サイクロンの影響で本来の島の魅力を感じる事は出来なかったですが、空から見たFIJIはこんなにもキレイでした。 

以上が今回のタベウニ島旅行記です。サイクロンの為に他の見所のある所へ行く事が出来なかったので紹介できないのが残念です。タベウニ島にはこれ以外にもたくさんの見所があります。興味があればインターネットで調べてみて下さい。そしてぜひ一度は訪れてみてはいかがでしょうか?

留学費用を安くおさえながら感動の留学生活を送りたい方は、ぜひフィジー留学へ!ではまた
MOCE SO TA TALE(また会いましょう)