大学3年で留学は遅いの?3年からの留学はタイミングが命!

留学

大学3年での留学を検討している人は、以下のような悩みを抱えていませんか?

 

  • 大学3年で留学に行くのって遅いのかな?
  • そろそろ就活が始まる時期だけど、留学との両立ってどうすればいい?
  • 留学の時期や期間をどうやって決めればいいんだろう

 

大学3年は、学生生活の折り返し地点が過ぎ、後半戦がスタートします。

将来を見据えて就職活動を意識し始める時期だからこそ、留学のタイミングに迷う大学生も多いのではないでしょうか?

 

しかし実際のところ、大学3年で留学に行く人は多くいます!

 

そこで今回は、大学3年で留学する方法や、大学3年で留学する上で必ず知っておきたいことを解説します。

 

≫フィジー留学について詳しく見てみる

大学3年から留学するのは遅くない

まず結論を言うと、大学3年からの留学は全く遅くありません!

 

大学3年は、社会人に向けて将来のことを本気で考え始める時期です。

 

だからこそ「留学」の目的がはっきりしやすく、将来の可能性を広げる上で良いタイミングだと言えるでしょう。

しかし大学3年生は、就職活動への影響を考慮しなければなりません。

 

大学3年の夏には各企業のサマーインターンがあり、早いところだと10月頃から選考が始まる企業もあります。

 

大切な就活の時期を迎える大学3年なので、留学を検討する上で以下3点のことを必ず知っておいてください。

  • 就職活動が始まる大学3年には“時間の余裕”が必要
  • できれば前期の留学が望ましい
  • 留学の目的を明確にすることが最も重要

 

それでは1つずつ見ていきましょう!

 

【参考記事】:大学4年で留学は遅い?実際は就職活動への考え方次第!

就職活動の始まる大学3年には“時間の余裕”が必要

大学3年生は企業のインターンや説明会、大学の学部によっては実習やゼミがあり、非常に忙しくなります

 

そのため大学3年での留学は、時間の余裕を作りながら留学プランを決めていく必要があるでしょう。

しかし大学生には、在籍しながら大学を休める「休学」という手段があります!

 

大学は必ず4年間で卒業しなければいけない!なんてことはありません。

ポイント!

近年は1年間休学をして、留学やワーキングホリデーに行く人、長期インターンに参加する人など、大学以外のこと挑戦する大学生も増えています。

 

大学3年で1年間休学して留学に行けば、帰国後にもう1度大学3年をやり、余裕を持って就職活動を始められます。

 

休学する、または就活に影響を与えない時期に留学に行くなど工夫をすれば、自分の将来をじっくりと考える時間が増えるでしょう。

 

大学3年での留学は、今後の予定を考慮しつつプランを決めていくようにしてください。

できれば前期の留学が望ましい

大学3年の後期から就職活動が本格的に始まることを考慮すると、前期の間に留学するのが望ましいでしょう。

近年は、就職活動の早期化が進行しているため、企業が説明会を開催する時期や選考を始める時期がどんどん早くなっています。

 

後期に留学に行ってしまうと、自分が受けたい企業のインターンや説明会の日程と被り、参加できなくなる可能性があります。

 

このようなトラブルを防ぐためにも、余裕のある前期に行くのがおすすめです。

 

たとえば、前期の半年間で留学に行く、2週間〜1ヶ月で短期留学に行くなどもよいでしょう。

 

留学の期間を考慮すれば、就活への影響を最小限に抑えられます。

 

≫フィジー留学について詳しく見てみる

目的を明確にすることが最も重要

大学3年で留学するにあたり、「明確な目的」を持つことが最も重要です。

 

大学3年生は将来の選択が迫られている時期だからこそ、“ただ留学に行く”という感覚では留学期間をムダにしてしまいます。

明確な目的を持つ人・持たない人では、現地での行動力に差が出ます。明確な目的を持っていれば、留学を通してたくさんの経験を得ることができるでしょう。


留学を検討しているみなさんは、今一度「なぜ留学に行きたいのか?」「留学で何を学びたいのか?」を考えてみてください。

 

貴重な大学3年生の時間を使うからこそ、いかに目的意識を持って留学に行けるかが大切です。

大学3年からできる留学の種類は主に3つ!

1つに留学と言っても、留学のスタイルはさまざまです。

 

大学3年から留学をする場合、留学の種類は主に3つあります。

  • 認定留学
  • 休学留学
  • 短期留学

それでは1つずつ特徴を説明していきます。

認定留学

認定留学とは、半年〜1年ほど留学し、留学先で取得した単位を日本の大学の単位に移行できる留学制度です。

 

日本の大学に籍を置いた状態で留学できるので、留学先で取った単位がそのまま日本の大学に必要な単位として使えます。

 

そのため認定留学は、留年することなく4年間で日本の大学を卒業できるのがメリットでしょう。

また認定留学では、自分の好きな国・学校を選び、自分で出発日や期間も設定できるので、自由度が高いのも特徴です。

 

認定留学の特徴をまとめると、以下のようになります。

  • 留年する必要がない
  • 自分で自由に留学プランを決められる
  • 留学先の単位を日本の大学に移行できるかは、日本の大学が判断する
  • 留学先に成績表の提出や試験が用意されることもあり、ある程度優秀でないと認定留学が認められない

 

認定留学の条件は大学ごとで設定されているので、希望する場合はまず在学中の大学に相談してみましょう。

 

≫フィジー留学について詳しく見てみる

休学留学

休学留学は、日本の大学を休学して留学に行く方法です。

大学3年生で長期留学をする場合、1年間休学して留学に行くという方法が最も一般的な留学プランです。

 

休学することで卒業が1年遅れてしまいますが、時間に余裕を持って卒業できるというメリットがあります。

 

休学留学の特徴をまとめると、以下の通りです。

  • 日本の大学を余裕を持って卒業できる
  • 留学する国や期間を自由に決められる
  • 休学中の日本の学費は、公立大学の場合は払う必要がないが、私立の場合は払うこともある

休学留学は、認定留学のように成績が関係するケースが少ないので、 留学に行くことへのハードルが低めです。

 

≫フィジー留学について詳しく見てみる

短期留学

3つ目は、2週間〜2、3ヶ月ほどの短い期間で行く短期留学です。

 

短期留学は大学の授業がない時期や、夏休み・春休みの長期休暇を使って行くことができます。

大学や就活の予定に影響を与えず留学に行けるので、「長期では行けないけど短期なら挑戦したい!」という人にぴったりの留学方法です。


短期留学の特徴をまとめると、以下のようになります。

  • 短い期間で気軽に留学に行ける
  • 短期集中で学ぶことができる
  • 費用が安く済む
  • 留学できる国や学校も充実している

期間や金銭面で、最も負担なく行ける方法は短期留学でしょう。

 

≫フィジー留学について詳しく見てみる

大学3年で留学するリスクは減っている

「大学3年からの留学は、就職活動と被るので遅いのでは?」と考えている人も多いでしょう。

しかし近年は、大学3年で留学するリスク・デメリットが減りつつあります。

 

その理由は以下の2つです。

  • 説明会・面接がオンラインになった
  • エージェントが充実

では1つずつ詳しく見ていきましょう。

説明会・面接がオンラインになった

2〜3年前まで当たり前だった対面での企業説明会・面接が打って変わり、近年の主流はオンラインです。

 

説明会や面接、インターンがオンライン開催で行われているので、海外にいたとしても参加可能です。

万が一、自分が志望する企業の説明会が留学に被ったとしても、オンラインでいつでも参加できます!

 

このように、就活の主流がオンラインになったことで、自分がどこにいても気軽に企業の説明会に参加できるようになりました。

 

スケジュールをしっかりと把握しておけば、留学中に就活を進めることも可能です。

エージェントが充実

留学エージェントとは、入国前の相談・アドバイスや現地での生活支援、進路相談など、留学全般をサポートする機関です。

 

最近はサポート内容の充実している留学エージェントが増えているので、安心して留学ができるようになりました。

またエージェントによっては、自分の希望に合った国や学校を提案してくれるので、留学までの手続きをスムーズに進められます。


他にもエージェントにはさまざまなメリットがあります。

  • 留学前に不安なことを相談できる
  • 手続きにかかる手間と時間を省くことができる
  • 留学中に起きた緊急のトラブルで、すぐにサポートを受けられる

留学全般のサポートが受けられるエージェントを利用すれば、大学3年からの留学でも安心して挑戦できるでしょう。

 

またエージェントによっては、大学生の「留学に行きたいけどお金がない...」という悩みに答えている機関もあります。

南国のフィジーは、アメリカやオーストラリアの3分の1の費用で留学に行くことができる国として人気を集めています。

 

フィジーは物価も安いので、留学中に使うお金も安く済みます。 金銭面で心配な人は、ぜひフィジー留学を検討してみてください!

 

≫フィジー留学について詳しく見てみる

 

【参考記事】:留学はお金がない人でも実現可能!方法3選を徹底解説

就活が不安な人はなるべく早めに留学しよう

「留学に行きたいけど、やっぱり今後の人生を左右する就活が不安だ。」という大学生も多いでしょう。

 

就活が不安な人は、できるだけ早い時期に留学するのがおすすめです!

 

早い時期に行けば、時間と気持ちに余裕を持って就職活動を進められます。

実際のところ、「留学に行きたい」と思いながらも先延ばしをし、留学するチャンスを逃してしまった大学生もいます。

 

そこでここからは、”今”留学を真剣に検討してほしい理由についてお話します。

あっという間に大学4年になる

「大学生は人生の中で最も時間がある!」と言われていますが、その期間もあっという間に過ぎ去ってしまいます。

 

社会人になって 「学生の頃にあれすれば良かった、これすれば良かった」と後悔している人が多いのも事実です。

留学に興味を持ったのであれば、「今から」留学について真剣に考えることが重要です。

 

大学3年生では、本格的に自分の進路を考えなければいけません。

 

そして4年生では、いよいよ就職活動が始まり、次のステージに向けて行動していく時期です。

 

大学生の期間はあっという間に過ぎていくからこそ、早め早めの行動を心がけるようにしてください。

≫フィジー留学について詳しく見てみる

不安を抱えながら留学することになる

大学3、4年になると、ほとんどの人が自分の進路に悩み始めます。

  • 自分は将来何をしたいんだろう?
  • やりたいことがない!でもどこに就職すべきだろう?
  • 自分に合った企業ってどこだろう?

このような不安を抱えながら留学をすると、どうしても留学中の学習に集中しにくくなるでしょう。

 

焦る気持ちを抱えながら留学するのは、自分としても息苦しく感じるはずです。

大学3年生の人は、「前期のうちに留学に行く」または「留年をして長期留学に行く」の2つが、不安なく留学できる選択です。

 

ゆとりのある間に留学をすれば、留学先での出会いや勉強、異文化体験を思い切り楽しめるでしょう。

大学3年時に留学するなら短期留学もおすすめ

留年せずに留学に行きたい場合は、短期留学がおすすめです。

 

短期留学では、期間や出発日を比較的自由に決められるので、大学や就活の予定に合わせやすいでしょう。

また長期留学だと、留学の途中で「中だるみの時期」があると言われていますが、短期留学なら短期集中で学習を進められます。

 

できるだけ短い期間で、確実にスキルを伸ばせられるのは短期留学でしょう。

 

『日本の予定に合わせて期間を決めたい人・休学をせずに留学に行きたい人』は、ぜひ短期留学を検討してみてください。

≫フィジー留学について詳しく見てみる

まとめ:大学3年からの留学はタイミングが命!

大学3年からの留学は、決して遅いことはありません!

 

しかし就職活動が始まる時期だからこそ、留学に行くタイミングは重要です。

休学をして留学に行くのであれば焦る必要はありませんが、留年をしない場合はできるだけ早めに留学へ行くようにしましょう。


また留学費用をできるだけ安く抑えたい人には、フィジー留学がおすすめです!

 

フィジーは他の国に比べて費用が圧倒的に安く、さらに自ら進んで英語が使える良い環境が整っています。

 

 

ぜひこれを機にフィジー留学を検討してみてください。

 

≫フィジー留学について詳しく見てみる

タグ:

著者プロフィール

カテゴリー

タグ