大学を休学してワーホリへ。費用〜メリット・デメリットを解説!

留学

 

  • 「大学を休学してワーホリするメリット・デメリットは?」
  • 「ワーホリの費用はどのくらかかる?」

ワーホリに対して、このような疑問をもつ大学生は多いのではないでしょうか。

実は、大学を休学してのワーホリは、人生の中で「長期で海外滞在できる」貴重なタイミングです。

 

しかし、デメリットも理解した上で、しっかり対策をとらなければいけません。

 

大学を休学してのワーホリについて、事前に知っておくべきことを見ていきましょう。

大学を休学してワーホリに行くメリット

大学を休学してワーホリに行くメリットは、下記の通りです。

  • 海外に長期滞在できる
  • ネイティブの英語に触れられる
  • 就職活動に影響がない


大学を卒業してから海外へ長期で行くことは、簡単ではありません。

社会人になってからだと「仕事がある」「長期休みが取れない」などの理由で、ワーホリをあきらめてしまう人も多いです。


大学期間中のワーホリなら、少ないリスクで海外経験ができます。

 

大学を休学してワーホリに行くメリットを、詳しく見ていきましょう。

長期間で海外に滞在できる「人生最大のチャンス」

ワーホリでは、働きながら海外に「1年間」も滞在することができます。

 

海外で働きながら好きなことができるので、自由度の高い制度といえるでしょう。

たとえば、働いてお金を貯めながら、海外で英語を学ぶこともできます。

 

しかし、ワーホリには年齢制限があり「18歳から30歳」しか使うことはできません。

 

社会人になる前の大学生のタイミングは、海外に長期滞在できるチャンスなのです。

 

【参考ページ】:ワーキングホリデー協定国別・よくある質問

ネイティブの「生の英語」に触れることができる

ワーホリでは、ネイティブの「生の英語」に触れることができます。

 

理由は、ワーホリでは、英語のネイティブと同じ環境で働く機会が多いからです。

日本で英語勉強をしているだけでは、ワーホリのようなネイティブのいる環境を作ることは、簡単ではありません。

 

よって、ネイティブの英語を体感できることが、長期で海外滞在できるワーホリの強みと言えるでしょう。

 

≫無料カウンセリングでフィジー留学について聞いてみる

就職活動に影響がない

大学を休学してワーホリをすれば、帰国後に「新卒」として就職活動ができます。

 

これは、就職に有利な「新卒」のタイミングを捨てることなく、大学在学中に海外経験ができるということです。

大学を卒業してからワーホリに行った場合、帰国後に「既卒」として就職活動をしなければなりません。

 

しかし、日本の企業は「新卒採用」に力を入れている場合が多いので、「既卒」では応募ができる企業が限られてきます。

 

大学を休学してのワーホリをすれば、帰国後の就職活動で不利になることはないでしょう。

大学を休学してワーホリに行くデメリット

大学を休学してワーホリに行くことのデメリットは、下記の通りです。

  • 休学するための費用がかかる
  • ワーホリ先での仕事が限られる
  • ただ「遊びに行ってる」と思われる

ワーホリは自由度が高いため、メリットばかりに目が行きがちです。

 

しかし、デメリットも理解した上で渡航をすることで、あなたのワーホリをさらに有意義なものにできるでしょう。

 

大学を休学してのワーホリについてのデメリットを、詳しく見ていきます。

休学するのに費用がかかる

大学の休学費用がかかることが、デメリットの1つです。

 

ワーホリのための費用に追加で「休学費用」がかかることは、金銭面での負担になるでしょう。

  • 航空券
  • 語学学校
  • 海外保険
  • 現地での生活費
  • 休学費用

上記が、大学生のワーホリで必要になる費用です。

もし、大学卒業後にワーホリをした場合でも、収入がない中ワーホリに行くので、金銭面の負担は同じくらいかかるでしょう。


休学費用以上の学びを得られるよう、現地で英語習得や新しいことに、集中して取り組むことが大切です。

学生では、できる仕事が限られる

ワーホリに行ったとしても、あなたの好きな仕事につけるとは限りません。

 

理由として、「1年しか滞在できない」「そもそもスキルがない」などがあげられます。

 

厳しい現実ですが、社会人経験のない大学生を、現地の企業が雇ってくれる枠は少ないです。

現地の企業から採用されるには、「仕事に必要なスキル」「十分な英語力」が不可欠になるので、今から専門分野のスキル習得に取り組んでおきましょう。

周りから「遊びに行ってる」と思われることがある

ワーホリに対して「ただ海外で遊んできただけ」というイメージを持つ人も少なくありません。

 

「遊んできただけ」と思われてしまう原因は、ワーホリで達成したことが、目に見えてわからない場合が多いからです。

たとえば、海外大学では卒業資格がもらえますが、ワーホリでは何か資格やプログラムに取り組まない限り、これといったスキルを得ることはできません。

 

もちろん、海外生活で英語力は伸びるかもしれませんが、こちらも個人差があります。

 

「ただ遊びに言ってただけ」と言われないためには、目標に対して結果を出すことが大切です。

ワーホリへ行くのにかかる費用は?

【2021年版】留学費用が安い国を厳選して紹介!

ワーホリの費用は国によって異なりますが、トータルでおよそ「200万円」かかるでしょう。

 

まず、ワーホリ出発前にかかる費用が「60〜80万円」ほどです。

  • ビザ申請料
  • 航空券
  • 海外保険
  • ホームステイ費用
  • 語学学校学費
このように、「渡航するためのお金」がまずは必要になります。上記に加えて、現地での生活1年間のためにおよそ「100万円」も必要です。

 

現地で仕事が見つかるまでは、収入がない状態で生活しなければいけません。

 

よって、渡航前に「60〜80万円」、渡航後の資金「100万円」で トータルおよそ「200万円」がワーホリにかかる費用となるでしょう。 

 

【参考記事】:ワーホリはお金がない人こそいくべき!理由やプランを解説

大学生が休学して「ワーホリに行く前」にしておくべきこと

 

実際にワーホリへ行くと決めたら、渡航前にしておくべきことが、下記の3つです。

  • 英語学習
  • 語学留学
  • 海外旅行

ワーホリ先では、現地で仕事ができるレベルの英語力が必要になります。

現地で仕事に困らないためにも、とにかく英語に触れておくことが大切です。

 

「ワーホリに来たけど、英語力がなくてやりたいことができない」

 

このようにならないためにも、ワーホリ前に取り組むべきことを見ていきましょう。

日本で英語学習

ワーホリに行きたいと思ったら、今すぐに英語の勉強を始めましょう。

 

理由は、英語力次第で、現地で経験できることが変わってくるからです。

ここに文章

  • 現地のローカルの会社で働ける
  • ネイティブがいるコミュニティに入る

英語力があれば、このような機会も得ることができるでしょう。

 

英語力が低いままワーホリに行くと、コミュニケーションをとることさえむずかしいです。

 

そうならないためにも、日本にいる間にできるだけ英語力を上げておきましょう。

 

【参考記事】:【大学生向け】大学生が英語を勉強するならこの5ステップ!

語学留学

ワーホリ前に「語学留学」をするのは、定番の流れです。

実は、英語力がない状態でワーホリへ行っても、仕事が見つからず時間をムダにする場合が多いです。

 

英語力がなくても、ジャパレス(日本食のレストラン)で働くことも、実際は可能でしょう。

 

しかし、せっかく英語力を上げるためにワーホリに行ったのに、現地で日本語を使って働くのはもったいないことです。

 

現地で働けるという強みを有効活用するために、まずはワーホリ前に「語学留学」で、英語力を上げておくことをおすすめします。

 

≫フィジー留学について詳しく見てみる

 

【参考記事】:語学留学は大学生に最適?お金がない大学生におすすめのプランを紹介

短期での海外旅行

ワーホリ前に海外旅行をしておけば、海外生活や英語に慣れることができます。

海外旅行で現地の雰囲気をつかむことで、実際に渡航するときの不安が少なくなります。

 

また、英語でのコミュニケーションの練習もできるでしょう。

 

海外経験がない状態で、言語や環境がちがう国で暮らすことは、精神的に大きな負担がかかります。

 

ワーホリ前に海外旅行をして、現地の雰囲気に少しでも慣れておくことが大切です。

まとめ:大学生の「ワーホリ前留学」ならフィジーへ

フィジー留学のフリーバードでは、格安で「ワーホリ前の語学留学」ができます。

 

南国フィジーは、国民がフレンドリーなため、英語を話す機会がたくさんあるのも人気の理由です。

 

「ワーホリ前に、語学力をしっかり上げておきたい!」

 

こう思っている大学生の方は、ぜひフィジーでの語学留学を検討してみてください。

 

≫無料カウンセリングでフィジー留学について聞いてみる

タグ:

著者プロフィール

カテゴリー

タグ