短期留学におすすめの国3選!短期留学は低予算で行くのが最適

留学
費用

短期留学はなるべく費用を抑えて行くべき

北米は1ヵ月で50万円近くかかる

格安留学のフィジーと、アメリカ留学の1ヵ月の留学費用を比較してみます。

フィジーはアメリカと比べ、20万円以上の費用を節約できます。

また、寮滞在を選べばアメリカの半額以下に抑えられます。

※アメリカ留学の費用については以下より引用させていただきました。

引用元:School With様 「1ヶ月のアメリカ留学の費用はいくら?内訳と安く抑えるコツを紹介します!」

 

「格安留学」と呼ばれる留学先は安い

留学先として一般的な国々について、1ヵ月間ホームステイ留学をした場合の費用を比較しました。

※ホームステイ滞在がないフィリピンのみ、寮滞在の値段

費用が安いのは「格安留学」と呼ばれる渡航先、マルタ・フィリピン・フィジーの3ヶ国。

「格安留学」の中でも一番安いのはフィジーで、2番目に安いのはフィリピンです。

※フィジー留学以外の費用については以下より引用させていただきました。

引用元:School With様 「語学留学ができる国一覧」 → 各国の「1ヵ月の〇〇〇留学費用」ページ

 

※2021年12月現在、新型コロナウィルスの影響により入国できる国・できない国、入国できたとしてもワクチン接種証明書の提示やPCR検査など要件を満たす必要があります。

感染の状況に応じて各国の対応も変わってくるため、渡航前に渡航先の情報をしっかりご確認ください。

 

では、寮滞在の費用をフィリピンとフィジーとで比較した場合はどうなるでしょう?

航空券代は時季によって大きく変動するため、あくまで目安としてでしか比較できませんが、 フィジーはフィリピンと比べて約10万円お安く留学していただます。

フィリピンでの留学費用の引用元: School With様 「1ヶ月のフィリピン留学の費用はいくら?内訳と安く抑えるコツを紹介します!」

>>フィジー留学について詳しく見る

 

留学中にお金の心配はいらない

留学先では日本ではできない体験をたくさんすることができます。

自分の視野を広げ、英語力だけでなく人間として大きく成長する機会も多いです。

お金に余裕があると、クラスメイトとの交流や週末の観光などの体験や、追加授業を受けるためにお金を使うことができます。

留学先で常にお金の心配をしてしまう・行動に制限がかかってしまうより、資金的・精神的に余裕ある留学にできるほうが留学中の負荷は少ないでしょう。


短期留学で行く国は目的に合わせて選ぼう

渡航国の環境や国民性、留学先での授業形式(マンツーマン or グループレッスン)、滞在先(ホームステイ or 寮)などの条件によって学べる内容・体験することが変わります。

留学費用を抑える場合も、できるだけ自分の目的に合わせた渡航国を選ぶと良いでしょう。

TOEICのスコアアップを目指したい方

マンツーマンレッスン&寮という座学に集中できる環境が整ったフィリピン留学はいかがでしょうか?

即効的にTOEICスコアを伸ばすには英会話力・スピーキング力ではなく座学が必要です。

一般的にフィリピン留学は寮でも食事が提供され、授業コマ数も多いため、勉強に集中することができます。

 

人前で英語を話せるようになりたい方

マンツーマンレッスンとグループレッスン、両方のメリット・デメリットを踏まえ、自分の留学目的や好みで選ぶとよいでしょう。

 

英語を「楽しい!」と思えるようになりたい方

費用が許す限り、ご自身が「行きたい!」と思う国に行くとよいでしょう。

もし 費用を抑えたい場合はフィジーがおすすめです!

フィジーは「世界一幸せな国」といわれることもあり、規格外にフレンドリーな先生方、南国リゾートのリラックスした雰囲気、自分と英語力が同じレベルのクラスメイトがいるグループレッスン等により、「英語を話すことが恥ずかしい」と思ってらっしゃる初心者の方にもとってもおすすめの国です。

 

様々な体験をして自分の視野を広げたい方

費用が許す限り、ご自身が「行きたい!」と思う国に行くとよいでしょう。

もし費用を抑えたい場合は、日本から近い国・現地での物価が安い国を選ぶとよいです。

日本から近い国だと航空券代を安く抑えられます。

また物価が安い国だと、渡航先での食費や交通費などの生活費、週末を過ごすための費用も安く抑えることができます。

 

短期留学におすすめ3ヶ国の比較

 

フィジーを短期留学におすすめする理由

留学費用を安く抑えられる

マルタ・フィリピン・フィジーの「格安留学」3ヶ国の渡航先のなかでも一番安く留学していただくことができます。

 

短期間で多くをアウトプットできる

世界一幸せな国フィジーは、国民性も世界一幸せでフレンドリー!

町を歩いているだけで挨拶されるのは日常茶飯事で、公園でピクニックをしている家族連れに一緒にランチを誘われたり、マーケットのおばさんが世間話をしてくれたり。

学校が終わった後も、自分次第では英語を実践的に話す機会がたくさんあります。

 

英語を「楽しい!」と思えるようになる

フィジー留学では、英語力テストにより1~7レベルにクラス分けされたグループで授業を受けていただきます。

だからクラスメイトはみんな自分と同じくらいの英語力。

自分だけ英語ができない...」と恥ずかしい思いをすることなく、みんなで励ましあって楽しく英語を勉強することができます。

また世界一フレンドリーなフィジー人の先生方は、特に英語初心者の方については、あなたの「英語を話すことが恥ずかしい...」という気持ちを楽しく壊すことにフォーカスしています。

初心者でも安心して人前で英語を話せる環境があるので、フィジー留学中にはきっと英語を話すことが「楽しい!」と感じていただけることがたくさんあると思います!

 >>フィジー留学について詳しく見る

短期留学をおすすめできる人の例

長期休暇中に留学したい高校生・大学生

短期留学は1週間から行っていただけるため、高校生や大学生の夏休み・春休みなどを利用して留学していただくことができます。

たとえば1ヵ月留学した場合、本人のコミット量によりますが簡単な日常会話に慣れ始めることができるでしょう。

1週間の留学では大きな英語力アップは望めないかもしれませんが、海外で留学した経験は自分への自信となり、 帰国後のさらなる英語学習のモチベーションとなるでしょう。

留学中には、日本では巡り合うことができない人や体験との出会いもたくさんあります。

自分の視野が広がると、 学校卒業後の進路選択についても考えを広げることができます。

 

英語力を伸ばしたい社会人

フィジーではオーストラリアやニュージランドへのワーキングホリデーに行く前に、英語力を伸ばすために留学される方も多くいらっしゃいます。

また会社に在籍中の社会人の方も、年末年始の1週間の休みを利用して短期留学することも可能です。

 

人生について考え直したい社会人

英語を学ぶと、日本以外の文化を学ぶことにもつながります。

また留学中は、日本ではできない経験や考え方に触れる機会もたくさんあります。

この体験によって、これまでの自分の考え方を新たにされることもあると思います。

より幅広い考え方ができると、自分の将来の人生の生き方についてもたくさんの選択肢を考えることができるようになるでしょう。

 

まとめ:行けるなら「行かない」より「行く」が吉!

留学はお金がかかるため、簡単に行けるわけではありません。

ただ「格安留学」の国を選べばお安く留学していただくことができます。

アメリカやオーストラリアに留学したいけれど、お金の問題で留学すること自体を見送られている。

そんな場合はぜひ「格安留学」をご検討ください!

留学をすれば必ずなにかしらを体験することになります。

実体験を通じて感じたり考えたりしたことは、次の行動や自分の成長につながります!

>>無料カウンセリングでフィジー留学について聞いてみる

タグ: 費用

著者プロフィール

カテゴリー

タグ