大学を休学して留学する「休学留学」のメリット・デメリットと状況別オススメ!

留学
英会話

大学生のための3つの留学方法

大学生が留学(特に1学期以上の長期留学)をする場合、一般的に以下3種類が方法として考えられます。

「協定留学」は、交換留学など在籍している大学と協定を結んでいる大学へ留学すること。

「認定留学」は、協定留学以外の留学で、一般的には留学先の取得単位を在籍している大学が認定してくれる留学のこと。

「休学留学」は、在籍している大学を休学して留学することをいいます。

この他、夏休みや春休みを利用した「短期留学」や、在籍大学と留学先大学両方の学位が同時取得できる「DD留学(ダブルディグリー留学)」などがあります。

引用元:日本の学校®︎様

「大学在学中にできる留学にはどんな種類があるの??【留学基礎知識】大学在学中の留学の種類」

休学留学をおすすめする人

語学力や学力が選考基準に満たない

協定留学や認定留学は、受け入れ先の大学でその国の言語で学ぶため、ある水準以上の語学力、学力が求められます。

特に協定留学は選考時に高い水準が求められる「狭き門」となります。

休学留学であれば、自分で自由に留学先を選べるため、自分の語学力や学力に合った留学先へ行くことができます。

1年以上の長期留学をしたい人

1〜2ヶ月の短期留学であれば大学の長期休暇を利用して留学することができます。

しかし、1学期以上の長期留学をしたい場合、そして協定留学や認定留学の制度が利用できない場合は大学を休学して留学する方法が一般的です。

協定留学や認定留学では行けない国、できない体験をしたい人

協定留学は、在籍大学が定めた範囲の中で「渡航国」や「留学先で学ぶこと」を選ぶ必要があります。

認定留学は、自分である程度自由に渡航国や受け入れ先を選ぶことができますが、在籍大学に単位認定をしてもらうための要件を満たす条件内で選択することになります。

休学留学であれば、所属大学から単位認定してもらえず、大学を休学する必要がある代わりに、自分の語学力や予算の範囲で自由に留学先を選ぶことができます。

休学留学の3つのデメリット

費用がかかる

留学先の学費が免除される協定留学と比べ、休学留学は留学先の学費も払わないといけません。

また休学する場合、大学によっては「休学中の在籍費用」として数万円を大学に支払う必要があります。

休学中の学費は免除となるケースが多いですが、大学によって定めが異なるため所属大学にお問合せください。

大学を4年で卒業できなくなる

協定留学と認定留学では、留学先で取得した単位が在籍大学でも取得単位として認められるため4年間で卒業することができます。

これに対し休学留学する場合は、休学中の留学内容は所属大学の単位として認められないため、4年では卒業できなくなります。

就職活動時に不利になる可能性がある

休学留学を終え、所属大学に復学し就職活動をする場合、志望企業からは「なぜ休学留学をし、どのような経験をし、どのような成果を得たのか」を聞かれることになると思います。

この問いに対して明確に答えられる休学留学となれば良いですが、この問いに対して明確に答えられない休学留学となってしまった場合、休学留学の経験が就活時に不利になってしまう可能性があります。

>>こちらの記事もおすすめ

大学休学のメリットは「武器」が身につくこと!メリット・デメリットを把握して休学しよう

英語を学ぶための休学留学におすすめの国

行きたい国

留学先を自由に選べるため、予算の範囲で自分が行きたい国へ行くことをおすすめいたします!

自分のモチベーションが一番高められる国へ行くことで、学びも成長もより効率的になると考えます。

とはいえ費用の問題があります。

フィリピン

格安留学として人気のフィリピンは、アメリカやオーストラリアと比べて留学費用を半額以上に抑えることができます。

また、

・アメリカやオーストラリアと比べて授業時間数が多い

・マンツーマン授業

・滞在先が食事が提供される寮なので生活に使う時間も節約できる

などの環境により、英語の勉強に集中することができます。

フィジー

フィリピンと並び、格安留学先として人気のフィジー。

フィリピンとフィジーの主な違いは以下の通りです。

>>こちらの記事もおすすめ

短期留学におすすめの国3選!短期留学は低予算で行くのが最適

休学留学するなら「費用を抑えて長期留学」がおすすめ

長期間だと短期間と比べて成果も評価も上げやすい

一般的に就活時に「◯◯を3ヶ月経験しました」より「◯◯を1年経験しました」の方がより深くそのことについて経験したのだな、という印象を持たれるでしょう。

英語学習の場合も、ご本人の努力にもよりますが短期間より長期間の方が語学力を伸ばすことができます。

社会人になると、1年以上のまとまった時間を自分に投資することがなかなか難しくなります。

留学は大学生に与えられた贅沢な特権だと言い換えることもできます。

せっかくの素晴らしい機会となる留学はできる限り長期間経験できると良いでしょう。

「したいこと」の先に新たな発見や成長がある

留学は費用が高いから諦める?

格安留学と呼ばれるフィリピンやフィジーでは、欧米での留学と比べて費用を半額以下に抑えることができます。

せっかく海外での留学に興味があるなら、実現されることをおすすめいたします!

留学先ではこれまでの人生では出会わなかった人や出来事との出会いに満ち溢れています。

それらの出会いを通じて、あなたの人生観や視野はきっと広げられることでしょう。

より広い選択肢から自分の未来を考えることができるようになり、復学後の進路についても新たな発見があるかもしれません。

安い費用で休学留学・幸せ留学するならフィジーへ

フィジー留学を取り扱う弊社としてフィジー留学の紹介をさせてください。

フィジー留学の特長は、

・安い留学費用

・世界一幸せな国の世界一フレンドリーな教師陣による「英語を話すことが楽しくなる」授業

・グループレッスンによる年齢や人生経験さまざまなクラスメイトとの出会い

学校の外でもフィジー人は世界一フレンドリー!

フィジーに来られたらその人懐こさ、テンションの高さに驚かされ、癒されると思います。

学校が終わった後も町中で実践的な英会話をする機会がたくさん。

自分が望めば世界一幸せな人たちから「幸せ」について学ぶこともできます。

興味持っていただけたらぜひ気軽にお問合せください!

>>無料カウンセリングでフィジー留学について聞いてみる

タグ: 英会話

著者プロフィール

カテゴリー

タグ