語学留学で英語は伸びる?具体的な上達法や国の選び方を解説

留学

「語学留学に行って英語力を伸ばしたい!」

 

こう考えている人も多いのではないでしょうか?

 

実際に、英語を使う機会の増える「語学留学」は、英語力を伸ばすのにぴったりな環境だと言えるでしょう。

しかし、語学留学に行った全員が英語力を伸ばしているわけではありません。

 

ただなんとなく語学留学に参加するだけで、英語力は上がらないのです。

 

そこで今回は、語学留学に行くことを検討している人向けに、具体的な上達方法や留学先の選び方について解説します。

語学留学で英語が伸びるかは自分次第

まず前提として、語学留学に参加したから100%英語力が伸びるというわけではありません。

 

語学留学で英語が上達するかどうかは、あくまで“自分次第”なのです。

 

語学留学を通して英語を上達させるにあたって、以下2つのことを理解しておいてください。

  • 自分の環境作りが重要
  • 期間による

それでは1つずつ見ていきましょう。

自分の環境作りが重要

語学留学で英語を上達できるかどうかは、自分の環境作り=「誰と過ごすか」が重要です。

 

留学先では、日本とは異なり英語を話す機会で溢れています。

  • 学校での授業やイベント
  • ホストファミリーや他国籍の留学生との会話
  • 外出先・買い物先での現地の人との会話

これらの機会をフル活用し、英語を使ってコミュニケーションを取る姿勢・新たな環境に自ら飛び込む姿勢が大切です。

 

逆に、せっかく英語を使える機会を活用しなければ、英語力はなかなか伸びないでしょう。

たとえば、現地で出会った人と自ら会話しようとしなかったり、日本人の留学生同士で固まったりしては、留学に行っても英語は上達しません。

 

英語を使う環境に積極的に飛び込む意識を持つことが、何よりも大切です。

期間による

語学留学で英語力が伸びるかどうかは、留学する「期間」にも左右されます。

 

語学留学の期間は、2週間〜1ヶ月ほどの短期留学から、半年・1年の長期留学までさまざまです。

 

1ヶ月の留学と1年の留学では、英語上達の差が明らかに広がります。

しかし、1ヶ月だからといって英語力が伸びないかというと、そうではありません。

 

短期集中でしっかりと勉強し、自ら英語を使う機会を増やした人は、短い期間の留学であっても確実に英語力を伸ばしています。

 

ですが、どうしても期間によって差が出てくるのは確かなので、確実に英語力を伸ばしたい人は長期での留学を検討してみてください。

英語圏での留学先の選び方【目的別】

語学留学に行くにあたり、留学先選びに苦戦している人も多いでしょう。

 

ここでは、異なる3つの留学の目的・重視する点から、おすすめの留学先をご紹介します。

  • 費用を重視する人
  • 多種多様な文化に触れたい人
  • 治安を重視する人

それでは1つずつ見ていきましょう。

費用を重視する人

「語学留学に行きたいけど、お金がない...」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、今では国よってはかなり費用を抑えて留学することができます。

 

なかでも以下3つの国は、留学費用が安い国として人気です。

  • フィジー
  • フィリピン
  • マルタ

留学費用の安い国は、現地の物価も安い傾向なので、留学先で必要なお金が安く済みます。

 

費用の心配をすることなく英語の学習に集中できるので、金銭面で不安な人はぜひ留学費用の安い国での留学を検討してみてください。

 

【参考記事】:留学はお金がない人でも実現可能!方法3選を徹底解説

【参考記事】:【2021年版】留学費用が安い国を厳選して紹介!格安で行く方法も解説

 

≫フィジー留学について詳しく見てみる

多種多様な文化に触れたい人

留学を通して英語を学ぶだけでなく、多種多様な文化に触れたいと考えている人もいるでしょう。

 

そのような人は、留学先として世界的にも人気の高い以下3つの国がおすすめです。

  • アメリカ
  • カナダ
  • オーストラリア

上記の3国は、さまざまな人種が入り混った、あらゆる文化が存在する国々です。

 

これら3国で生活するだけでも、数多くの異文化体験ができることは間違いありません。

また人気の3国は、ヨーロッパ圏からアジア圏まで世界中の留学生が訪れています。

 

他の国籍の留学生ともたくさん交流できるので、世界中の文化に触れたり、価値観の違いを知ったりする上ではぴったりの留学先だと言えるでしょう。

治安を重視する人

できるだけ安全に、治安の良い国で留学したい人もいるでしょう。

 

治安の良い留学先として有名なのは、以下4国です。

  • フィジー
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • オーストラリア

上記の国は銃規制が厳しく、テロや犯罪件数も比較的少ない国です。

しかし、上記3国であっても、日本に比べたらスリ・ぼったくりなどの軽犯罪は多い傾向にあります。

日本は世界的に見てもトップクラスで安全で治安の良い国です。

 

治安の良い留学先であっても、日本よりは注意して過ごす必要があります。

語学留学で英語力を伸ばす具体的な方法

語学留学で確実に英語力を伸ばすには、何にも増して「自分自身の努力」が重要です。

 

では留学で英語力を上達するには何をすれば良いのでしょうか?

ここからは、語学留学を通して英語力を伸ばすための具体的な方法を5つご紹介します。
  • 留学前から英語の勉強をする
  • 長期で語学留学をする
  • 現地で環境作りを意識する
  • ワーホリに行く(+a)

それでは1つずつ見ていきましょう!

留学前から英語の勉強をする

語学留学前に英語を勉強しておくだけでも、英語力の伸びは全く違ってきます。

事前に英語をある程度習得しておけば、留学でスタートダッシュを切ることができるでしょう。

実際のところ「留学で勉強するんだから、渡航前は英語の勉強をしなくていいや!」と考える人も多いようです。

 

しかしそれでは、自分の英語力を伸ばすチャンスを逃してしまいます。

 

ぜひ留学前の準備期間を使って、英語の勉強を自らどんどん進めていきましょう。 事前の準備こそ、留学生活をより充実させるためのカギになります。

 

【参考記事】:【必見】英語を話せるようになりたい人向けの独学方法

長期で語学留学をする

語学留学をする期間が長いほど英語に触れる機会が多くなり、より高い英語力を習得できます。

短期留学だと「少し英語が話せるようになってきた良いタイミングで留学が終わってしまった」「なかなか挑戦できずに終わってしまった」という人も少なくありません。

 

長期留学であれば、英語を学べる環境に長く滞在できるので、英語学習に集中することができます。

 

「確実に英語力を伸ばしたい」「高い英語力を身に付けたい」という人は、1年以上ある長期での語学留学がおすすめです。

現地で環境作りを意識する

留学で英語力が伸ばせるかどうかは、周りの環境が大きく影響します。

 

確実に英語力を高めるためには、自分を「英語を使う環境」に身を置くことが重要です。

日本人留学生のなかには、他の日本人と話したり、日本のSNSや動画を見て過ごしたりと、留学中にもかかわらず日本語ばかりの環境に浸っている人もいます。

 

しかしこれでは、せっかくの留学期間をムダにしています。

 

留学中は自分自身で英語を使う機会を増やしていけるよう、どんどん行動していきましょう。

  • 授業中にたくさん発言をする
  • 他の国の留学生や現地の人とたくさんコミュニケーションを取る
  • たくさん外出して、人と話す機会を増やす

語学留学の場を最大限活用できるよう、周りの環境作りを大切にしてください。

ワーホリに行く(+α)

英語力を伸ばすために、語学留学に+αでワーキングホリデーに行くのもおすすめです。

 

ワーホリとは、海外で休暇を楽しみつつ仕事をしてお金を稼ぐという制度です。

 

 

ワーホリでは現地での仕事を通して「話す・聞く・書く・読む」の4技能を鍛えることができます!

 

生の英語を学べるワーホリは、自分の英語力を高めるのにぴったりの制度です。

「語学留学で英語力を身に付けた後、ワーホリに行く」という流れは、とても人気の高い留学プランです。

 

またワーホリは、語学留学に比べて費用を安く抑えられるというメリットもあります。

 

「留学だけでなく、海外で働く経験もしてみたい」という人は、ぜひワーホリも視野に入れてみてください!

 

【参考記事】:ワーホリはお金がない人こそ行くべき!理由やプランを解説

語学留学をしても英語が伸びない人の特徴

語学留学したからといって全員が確実に英語力を伸ばせるかと言えば、そうではありません。

 

以下のような人は、留学に行ったとしても高い英語力を身に付けることはできないでしょう。

  • 日本人とばかり行動する
  • 現地で英語の勉強をしない
  • そもそも留学する期間が短い

それでは1つずつ確認していきます。

日本人とばかり行動する

同じ日本人留学生とばかり行動してしまうのは、語学留学の最も多い失敗例です。

  • 授業以外のランチや休み時間を日本人と過ごす
  • 学校のない土日は日本人とお出かけする

実際のところ、日本人といると安心感があるため、ついつい日本人同士で固まってしまいがちです。

 

しかし、これではなかなか自分の英語は上達しないでしょう。

日本人の友達は、日本に帰ればいくらでも作ることができますね。

 

せっかくの留学だからこそ、違う国籍の留学生とたくさんコミュニケーションを取ることを心がけてください。

 

いろんな国の友達を作ったり、現地の人と話す機会を増やしたりすることは、留学中しかできません。

現地で英語の勉強をしない

留学先で英語の授業を受けるだけでは、残念ながら英語力は上達しません!

 

ただ授業を受けるだけであれば、それは日本でもできてしまいます。

 

語学力を高めるには、授業だけでなく他の時間で何をするのかが重要です。

  • 授業以外の時間で他の留学生と英語で話す
  • 土日は外に出て、現地の人と話す機会を設ける
  • 授業で勉強したことを自分で復習・練習する

語学学校の授業だけにすべてを任せるのはNGです!

 

自主的に勉強をすることや、英語を話す環境に飛び込むことを意識しましょう。

そもそも留学する期間が短い

留学する期間が短いと、どうしても英語を上達させることが難しくなります。

 

短期留学と長期留学の人では、英語の上達度にどうしても差が出てくることを覚えておいてください。

長期留学中に毎日しっかりと英語を使えば、日常会話では全く困らないレベルの力を身に付けることができるでしょう。

 

短期留学では英語が上達しないわけではありませんが、やはり期間によって差が生まれます。

 

確実に英語力を高めたい人は、長期での留学がおすすめです。

「語学留学で英語を伸ばす」のをおすすめできる人

語学留学は、英語を上達させるための最適な手段です。

 

しかし語学留学の場を活かして英語力を伸ばせるかどうかは、本人次第のところもあります。

特に以下3つに該当するような人は、語学留学で確実にスキルアップできる・語学留学に向いている人だと言えるでしょう。
  • 自分でも勉強する意欲がある人
  • 英語力を伸ばすことだけに集中できる人
  • 短期間で英語を習得したい人

では1つずつ解説していきます。

自分でも勉強する意欲がある人

留学先では、何事も自ら行動していく必要があります。

  • 授業中に積極的に発言し、英語を話す機会を増やす
  • 多国籍の友達を作り、英語で会話をする
  • 授業の内容を家でしっかりと復習する

留学中に英語力を高める上で欠かせない上記3つのことは、勉強する意欲や挑戦する勇気がなければなかなかできません。

 

「絶対に英語を習得したい!」という強い意欲こそ、語学留学を成功させるカギとなるでしょう。

英語力を伸ばすことだけに集中できる人

留学中に英語力を伸ばすことだけに集中できる人は、確実に上達できるでしょう。

 

今やインターネットの普及で、世界中のどんな人とも繋がれる時代です。

留学中だからといって、日本の友達や家族と繋がれないわけではありませんよね。

 

また、留学中に以下のようなことをしては、せっかくの留学期間をムダにしてしまいます。

  • 留学中に日本の友達と連絡を取る
  • 日本のSNSやYouTubeを見て時間を過ごす

大事なお金と時間をかけて参加する語学留学です。

 

英語を学ぶことに集中できるかどうかは、上達度に明らかな差が出てくるでしょう。

短期間で英語を習得したい人

語学留学は、短期間で確実に英語を習得したい人に向いています。

 

語学留学には以下のようなメリットがあります。

  • 英語力を上達させるための授業をみっちりと受けられる
  • 英語を使えるチャンスに溢れている

これらメリットを最大限活かすためには、「短期集中で絶対に英語力を上げるぞ!」というモチベーションが必要です。

「2、3年かけて、少しずつゆっくりと英語を習得したい」という人には、語学留学はおすすめできないでしょう。

 

語学留学に行くのであれば、1日1日を大切に、英語習得に向けて行動していくことが大切です。

まとめ:安い費用での留学なら「フィジー留学」が最適

できるだけ安い費用で、確実に英語を上達させたい場合は「フィジー留学」がおすすめです!

フィジー留学のポイント】

  • 費用が圧倒的に安い
  • 自分のレベルに合った授業を受けて、確実に英語力を伸ばせる
  • 現地の人がフレンドリーだから、気軽に英語を使って話せる
  • 定番の国に比べて日本人留学生が少なく、周りを気にせず挑戦できる
  • 南国だからこその観光・遊びが満喫できる
フィジー留学はただ費用が安いだけでなく、英語力をしっかりと伸ばすための環境がきちんと整っています。

 

ぜひこれを機にフィジーでの語学留学を検討してみてください。

 

≫フィジー留学について詳しく見てみる

タグ:

著者プロフィール

カテゴリー

タグ