Joint Working Holiday

ジョイント留学

Joint Ryugaku

直接ワーキングホリデーに向かうと損するって?

オーストラリアやニュージーランドにワーキングホリデーに向かうワーホリメーカーにとって、オーストラリア、ニュージーランドで語学学校に通うより、はるかにコストパフォーマンスが良いのが、フィジーでの英語留学+ワーキングホリデー、フリーバードの提案する「ジョイント留学」です。

直接、ワーキングホリデーを行うオーストラリアに向かっていた通常のワーキングホリデーから、時代は進化しています。今のトレンドは安くフィジーで学んで、高くオーストラリアで稼ぐ「ジョイント留学」オーストラリアやニュージーランドまで3時間というフィジーでスマートに英語を学びましょう。

現在、オーストラリアに向かうワーホリメーカーたちは、年間9000人もいます。その中で500人くらいがフリーバードの卒業生、「ジョイント留学」を賢く使っています。韓国や中国からのワーホリメーカーも押し寄せるオーストラリア、ニュージーランドでは、仕事にありつくのもたいへんですが、到着時に英語ができるフリーバードの学生は、簡単に仕事が見つかるはずです。

ワーキングホリデーに直接向かった場合、ほとんどの日本人ワーホリメーカーが語学力の問題から、せっかくの1年間を日本食レストランでの皿洗いやウエイトレスで過ごすことになります。それでは確かに海外に住んでいますが、日本人の上司日本人のアルバイト同僚、日本人のお客さんでは、日本に住んでいるのと何も変わらない1年間を過ごすことになってしまいます。

各国留学費用比較表

そこで一念発起したワーホリメーカーたちは、オーストラリアやニュージーランドで語学学校に通うため、自分たちでも通えるリーズナブルな語学学校を探し始めますが、そこで大きな問題になるのが、学費の高さです

ワーホリ、ジョイント比較表

そこで発案されたのが、リーズナブルにフィジーで英語を学んで、アグレッシブにオーストラリア・ニュージーランドで仕事を探す『ジョイント留学』です。 このプログラムの特徴は、フィジーで安価に英語が習得できるだけでなく、フィジーの語学学校フリーバード在学中に、これからワーキングホリデーに向かうたくさんの友達と知り合えることです。ちなみにフリーバードの授業料は、オーストラリアの語学学校の授業料の半分以下です!

オーストラリアやニュージーランドでの仕事探しは、まだまだ日本のようにネット情報化されていないところもあるので、フリーバードでできた友達のコネクションが仕事探しでも大いに役立ちます。フリーバードでは英語の授業が終わった放課後2時45分から毎日2時間のワーキングホリデー準備レッスンも行っているので、ぜひ参加してみてください。

ワーキングホリデーに向かう前の学生にピッタリなのが、3~6カ月の中期留学です。個人差はありますが、12週間でレベルを1〜2レベル上げることができるばかりか、十分に耳を英語で慣らすことができます。スタートした時の個人の英語力にもよりますが、オシャベリでひまな人の多いフィジーでの3ヶ月間は、都会で人間関係のドライなシドニーやメルボルンの何倍もの現地の人との交流があります。

ワーキングホリデーに向かう学生にとって、一緒に出発したり、現地で情報交換をするワーホリメイトは欠かすことができません。フリーバードにはこれからワーキングホリデーに向かう学生がたくさんいるので、ドミトリーで仲良くなっておくのもひとつのサバイバル術です。

フィジーで英語がある程度伸びれば、ワーキングホリデーで仕事を探すのは、何倍も簡単になります。それに何より、時給の高い仕事、オーストラリア人と一緒に働ける仕事に就くことができるので、フリーバードの授業料を十分に取り返すことができます。

ワーキングホリデーは進化しています。スマートにならないと、思わぬところで意味のない1年間を過ごしてしまうことになりかねないので、ぜひフリーバードの『ジョイント留学』を活用してください。