楽しい中学英文法! Vol, 12 形容詞編

 

皆さんブラブラ

今回もインターンスタッフRYOが中学英文法を紹介していきたいと思います
JSK542_passtomemo_TP_V
ここでは形容詞編を紹介していきます

まず皆さん、形容詞とは
形容詞とは、ある物や人の性質、状態、形、数量をを表して名詞をさらに詳しく説明する品詞となります
例)美しい海、魅力的なホテル、優しいフィジーの人々

①物や人の性質や状態を表す形容詞
例)young, old, beatiful, small etc
       He is tall.(彼は背が高いです。)
  She is young.(彼女は若いです。)

②数、量を表す形容詞
many, muchなど物の個数を表します。
1)基数:one, two three, four etc
    序数:first, second, third, fourth
序数に関しては必ず単語の前にthe(冠詞)を用いる
例)The first person(第1の人)

2)数を数える時に用いるもの
ここでは数えられる名詞と数えられない名詞が存在する

意味数えられる名詞数えられない名詞
多くのmanymuch
いくつかのsome, anysome, any
少しの(2,3の)a fewa little

 

否定形数えられる名詞数えられない名詞
意味数えられる名詞数えられない名詞
全く~ないfewlittle
全くないnono


例)many people(多くの人々)
  a few minutes(数分)
  a little time(数回)
この表から見てわかるように、fewとlittleではaが付いていれば肯定文、ついていなければ否定の意味          
 になる。

最後に、書き方の順番も見ていきましょう
形容詞は名詞を詳しく説明するために補われる品詞であるため、
必ず

形容詞ー名詞の順番になる
例)good girl(良い少女)
しかし、somethingやanythingなどの~thingという名詞の時には、
この名詞の後に形容詞が来るので注意しよう

例)something special(何かスペシャルなもの)
  something cold(何か冷たいもの)

ここまでが形容詞の内容になります

品詞に関しては、日本語と似ている部分がたくさんあると思うので、
みなさん必ずマスターできると思います

以上、インターンスタッフRYOが楽しい中学英文法、形容詞編をお伝えしました

Thank you 

lp

 

より多くの人に、より多くの感動を

今まで海外留学を目指していたたくさんの方が高い留学費用など経済的な理由から海外への留学を諦めていました。欧米は300万円以上、ニュージランド・オーストラリアでも250万円以上と、「留学=高いもの」というのが当たり前になってしまっています。

しかし、そんな当たり前を変えるために弊社は、格安フィジー留学を提供しています。自社で語学学校を持ち、余計なコストを極力抑えることで、誰もが行ける各社留学を実現しました。